埼玉県さいたま市の漢方薬局★田中薬局のホームページへようこそ(^▽^)/地域密着型の中医薬(中医学)が得意です!
田中薬局へようこそ!

    HOME    »»    生活習慣    »»    突然死
喜びの声
お客様の声  1
お客様の声  2
お客様の声  3
お客様の声  4
お客様の声  5
お客様の声  6
 
赤ちゃんが欲しい
生理は大切
生理痛のないライフ
冷えは大敵!
周期法とは?
男性不妊
不妊とストレス
 
皮膚の悩み
美肌漢方
内から美肌スキンケア
外から美肌スキンケア
アトピー性皮膚炎
大人ニキビ
冬の美活漢方
 
更年期
もしかして更年期?
 
生活習慣
メタボリック症候群
突然死
高血圧対策
 
よろずコラム
花粉症と衛気
花粉症★対策室
不安と不眠
ダイエット
熱中症を予防!
あなたの風邪は何色?
顔面神経痛
坐骨神経痛
乾燥の秋
しもやけ
梅雨期の過ごし方
夏冷え解消法!
喘息を治そう
ストレスと胃腸
耳鳴りめまい
認知症



★高血圧★

■ある日のこと■

自分の体の不調というのは、うすうす感じていても動けているうちは放置してしまいがちです。

かくいう私もそうでした。
めまいが続き、血圧を測ってみたところ170、180に上がり、これは危険だと思い活血薬(漢方薬)を二包飲みました。一包だと間に合わないと感じたからです。翌朝はすんなり130に戻りました。一過性の高血圧だったようです。

自分では元気!なつもりでも、知らず知らずのうちに蓄積していくのが過労・ストレスです。

仕事が忙しく、家事が忙しく、
それでも資本は体です。

普段から生活習慣をチェックし、
乱れているところは改善しつつ、
漢方薬に元気をもらって、毎日健康で笑っていたい、とつくづく思います。

今は無自覚・無症状でも
ヘルスチェックだけでも構いません。

是非、お気軽に当店にお越しください。


高血圧・低血圧
 
 
 
★予防に役立つ漢方薬★

冠元顆粒かんげんかりゅう
血液の流れを改善しよう!
■冠元顆粒
かんげんかりゅう
[第2類医薬品]

麦味参顆粒ばくみさんかりゅう
元気と潤いをプラスオン!
■麦味参顆粒
ばくみさんかりゅう
[第3類医薬品]

イスクラ温胆湯エキス顆粒うんたんとう
体力のない不眠・神経疲れに!
■イスクラ温胆湯エキス顆粒
うんたんとうえきすかりゅう
[第2類医薬品]
突然死

自覚あるいは多覚なく予期せず突然病死してしまう突然死

働き盛りを襲う急死、突然死とは、発症から死亡までの時間が24時間以内という医学的定義がされています。

突然死の原因には、急性心筋梗塞(酸素と栄養を運んでいる冠状動脈に血栓が詰まり、血液がいき渡らなくなり、心筋の細胞が死亡した状態になること)・狭心症(冠動脈の異常による一過性の心筋の虚血)・不整脈(本来規則的に打っているはずの心臓の拍動が乱れること)・心不全(心臓の収縮力が低下した状態)などの心疾患がおよそ8割、他には脳血管障害、消化器疾患などがあります。

年間およそ5万人の方が亡くなる、8割以上を占める心疾患による突然死は、発症から1時間以内に死亡するため瞬間死ともいわれています。

突然死


突然死はいつ起こる?

厚生労働省の発表によると、突然死は就寝中が最も多く、次いで入浴中休憩中排便中、となっています。

季節は気温差が激しいが一番多く、血栓ができやすく心臓の血管がつまりやすい8時~10時の朝に集中しています。

無自覚で突然の発作に倒れることの多い30代~40代の方へは、特に普段から予防を心がけていただきたいです。


突然死は予防できる?!

突然死の6割を占める心疾患のうち、一番多いのは急性心筋梗塞、つまり動脈硬化の予防や進行をいかに防ぐか、が鍵です。

動脈硬化の危険因子である糖尿病脂質異常症高血圧、そして生活習慣による運動不足喫煙ストレス過多、これらはひとつひとつは軽度であっても、複数併せもつことで、心筋梗塞の発症リスクを高めることは周知の事実です。

 
 
生活習慣の見直しが大切

突然死のリスク度は毎日の生活習慣に隠されていますので、まずはあなたの生活習慣を書き出してみましょう。

☆  飲酒は月に何回か
☆  ストレスフルが長期化していないか
☆  食事の内容はどのようなものか
☆  運動内容と頻度(回数)
☆  喫煙歴や日の本数



ストレスは大敵です
 

中医学で解析する突然死
中医学で解析する突然死

中医学では、既に血液の流れや質に問題がある場合は、オ血を改善する活血薬をベースに、ひとりひとりの体質や状況に合わせ漢方薬を組み合わせていきます。

ですので、人によっては漢方薬を用いず、生活習慣を改善すること、食事に気をつけていただくこと(食養生)で、予防が可能な場合もございます。

まずはご自身の生活環境(ライフスタイル)を見直して頂くことで、問題点がみつかります。「あれ?」と不安に思う方は、是非一度ご相談にいらしてください。
一緒に改善策を計画していきましょう!!


    ★漢方薬は医薬品です★
    服用の際は必ず専門スタッフにご相談ください。

    また、服用に際してわからないこと
    不安なこと、お困りのことなどがございましたら
    お気軽に田中薬局にご相談ください。

    ■  店舗案内  ■
田中薬局より


▲TOP