埼玉県さいたま市の漢方薬局★地域密着型の漢方相談ならおまかせ!田中薬局のホームページへようこそ(^▽^)/
田中薬局へようこそ!

    HOME    »»    スキンケア    »»    美肌漢方
喜びの声
お客様の声  1
お客様の声  2
お客様の声  3
お客様の声  4
お客様の声  5
お客様の声  6
 
赤ちゃんが欲しい
生理は大切
生理痛のないライフ
冷えは大敵!
周期法とは?
男性不妊
不妊とストレス
 
皮膚の悩み
美肌漢方
内から美肌スキンケア
外から美肌スキンケア
アトピー性皮膚炎
大人ニキビ
冬の美活漢方
 
更年期
もしかして更年期?
 
生活習慣
メタボリック症候群
突然死
高血圧対策
 
よろずコラム
花粉症と衛気
花粉症★対策室
不安と不眠
ダイエット
熱中症を予防!
あなたの風邪は何色?
顔面神経痛
坐骨神経痛
乾燥の秋
しもやけ
梅雨期の過ごし方
夏冷え解消法!
喘息を治そう
ストレスと胃腸
耳鳴りめまい
認知症






★美肌ポイント★
美肌のための生活ポイントを
ご紹介いたします。
ライフスタイルに
取り入れてみてください★


 夜は22時(遅くても0時)
には就寝する。
 ストレスは溜め込まず、
こまめに解消する。
 なるべく自然の外気に触れ、
エアコンの使用を控える。
 衣服・食事・漢方薬で
冷えから体を守る。
 たばこ・飲酒は控えめにする。
 スキンケア製品は成分をちゃんと
チェックし自分にあったものを使う。
 洗いすぎない。




◆美肌の食養生◆
 豚肉(ビタミンB1)
 烏骨鶏(補血)
 なまこ(補血益精)
 うに(益精)
 海老(補腎)
 黒ゴマ(滋養肌膚、補益肝腎)
 黒きくらげ(補腎、滋潤、シミ予防)
 黒豆(補腎活血)
 黒米(滋陰活血)
 緑豆(寒冷、安神)
 山芋(補腎、補気健脾)
 ユリ根(滋潤、安神)
 落花生(滋潤)
 冬瓜(寒冷、美白)
 キュウリ(保湿)
 苦瓜(寒冷)
 キノコ類(シワ予防)
 大棗(健脾益気、養血安神、生津潤燥)
 サンザシ(消化促進)
 


◆スキンケア製品◆
 
瑞花露シリーズ
 
瑞花露(すいかろ)シリーズ
漢方処方・植物エキス配合の
薬用スキンケアシリーズです。
【瑞花露ソープ】
【瑞花露ローション】
【瑞花露クリーム】
[医薬部外品]
 

タイツコウ軟膏
 
タイツコウ
トウキ・ケイヒ・ダイオウ・シャクヤク・
ジオウ・ゲンジン・ビャクシの7つの生薬、
ゴマ油、ミツロウ配合の軟膏です。
[第3類医薬品]
 

紫雲膏(しうんこう)
 
紫雲膏(しうんこう)
明代の珍実功が著した「外科正宗」に
記載されていた潤肌膏をもとに、
江戸時代の医師・華岡青洲が創案した
軟膏です。

胡麻油(ゴマユ)、紫根(シコン)、
当帰(トウキ)、黄蝋(オウロウ:蜜蝋)、
豚脂(トンシ)で構成されています。
[第2類医薬品]
美肌漢方

漢方で美肌を目指そう!

春・梅雨・夏・秋・冬、季節の変わり目や不安定な気候だと、お肌のトラブルも多くなります。

アトピー性皮膚炎、湿疹、じんましん、大人ニキビ、不安定なお肌、敏感肌、お肌のトラブルも対処法も様々ですが、根本的な解決に至らない場合、是非漢方をお試しになってみてください。


お肌のトラブル

中医学(中国漢方)では【皮膚は内臓の鏡】といいます。
お肌に症状がある場合、内臓のどこかで問題が起きており、その問題を解決することで、美しく健康なお肌を取り戻すことが出来ると考えます。

【五臓とお肌の関係】
五臓 お肌と症状
顔色が青白い、爪に艶がなく割れやすい
しみ・たるみ、湿疹、ニキビ、吹き出物
疲れ目や充血など目に症状が表れやすい
脾胃 顔色は白または黄色っぽい、頬がやつれ、目の下がたるむ
湿疹、アトピー性皮膚炎、むくみ
口の周りにボツボツ、唇が荒れるなど、口に症状が表れやすい。
顔色は赤っぽくて、艶がない
舌がザラザラ、荒れやすい、など舌に症状が表れやすい
顔色は白っぽく乾燥肌で艶がない
じんましん、ニキビ
アレルギー性鼻炎など、鼻に症状が表れやすい
顔色は黒ずんでいる
シワ、たるみ、白髪、抜け毛
耳鳴り、聞こえにくいなど、耳に症状が表れやすい
 

 
気・血・津液―――バランスこそ全て
 
五臓、つまり体のなかの不調和は津液のバランスを崩します。

体に必要な栄養素である津液(しんえき:血以外の体液)を消化吸収して体のすみずみに届ける役割を担うのが(生命エネルギー)です。

美しいお肌の基本は津液の調和であり、いずれかが不足していたり、流れが滞っていたりするとスキントラブルにつながります。

内側からの自然の力によるスキンケアは、必然的に健康的であり、気になる他の症状などの改善にもつながります。

そこで、問題が発生している臓(肝・脾・心・肺・腎)を見つけ出し漢方薬や生活養生、食養生などで対応することで、津液のバランスを整えていきましょう!
問題はどこにあるか見つけ出そう
 

お肌は何でできている?
 
お肌は何でできていると思いますか?

お肌は食べ物から作られます。
食べたものがそのままお肌に影響するといってもいいくらいです。

世界三大美女は楊貴妃(ようきひ)、クレオパトラ7世、ヘレネ(ギリシャ神話、トロイア戦争の火種)ですが、近代中国で美女といえば、国民革命軍により棺を開けられるその瞬間(死から20年後)まで「まるで生きているかのような艶々の黒髪、弾力のある肌」であったという西太后(せいたいごう)が有名です。 

西太后(せいたいごう)は、当時の平均寿命がおよそ45歳であったのに対し74歳まで生き、また死の寸前まで意識がはっきりしていて、髪も艶やかに黒く、白い肌にはシミひとつなかったと伝えられています。

西太后が生薬を活用した漢方風呂や薬膳料理を好んでいたことは広く知られており、美と若さの秘訣は食にあると知っており実践していました。

習慣性流産に悩まされていた時は阿膠(あきょう:ロバの皮を加工したコラーゲン、にかわ)を飲み、無事に同治帝を産んだと言われています。西太后(せいたいごう)は更年期も阿膠(あきょう)で健康と美を保ったといわれており、楊貴妃もまた美容のために阿膠を飲んでいたといわれています。(※婦宝当帰膠には阿膠が含まれています

決して食を疎かにせず、また漢方の知恵をフル活用していた西太后健康美の良い手本とされています。

美肌は食事から


代表的なタイプ
 
お肌のトラブル発生中の方に多いタイプをご紹介します。

   ?血(おけつ)タイプ
  【トラブル】  顔色が黒い、しみ、くすみ。
  【その他の症状】  生理痛、頭痛、肩こり、生理に血塊が混じる、あざ、しこり。

   血虚(けっきょ)タイプ
  【トラブル】  お肌の乾燥、にきび、吹き出物。
  【その他の症状】  手足のほてり、のぼせ、疲労感、のどの渇き、寝汗。

   陽虚(ようきょ)タイプ
  【トラブル】  しわ、たるみ、白髪、抜け毛。
  【その他の症状】  冷え性、ひざや腰がだるい、耳鳴り、頻尿、生理不順。

   脾気虚(ひききょ)タイプ
  【トラブル】  顔色が白or黄色、艶がない、湿疹、敏感肌。
  【その他の症状】  食欲不振、むくみ、軟便、胃腸虚弱、くよくよしやすい。



あなたに該当するタイプはありましたか?
お肌のトラブルも田中薬局へどうぞご相談にいらしてください!
  
    ★漢方薬は医薬品です★
    服用の際は必ず専門スタッフにご相談ください。

    また、服用に際してわからないこと
    不安なこと、お困りのことなどがございましたら
    お気軽に田中薬局にご相談ください。

    ■  店舗案内  ■
田中薬局より


▲TOP