埼玉県さいたま市の漢方薬局★田中薬局のホームページへようこそ(^▽^)/地域密着型の中医薬(中医学)が得意です!
田中薬局へようこそ!

    HOME    »»    よろずコラム    »»    熱中症を予防!
喜びの声
お客様の声  1
お客様の声  2
お客様の声  3
お客様の声  4
お客様の声  5
お客様の声  6
 
赤ちゃんが欲しい
生理は大切
生理痛のないライフ
冷えは大敵!
周期法とは?
男性不妊
不妊とストレス
 
皮膚の悩み
美肌漢方
内から美肌スキンケア
外から美肌スキンケア
アトピー性皮膚炎
大人ニキビ
冬の美活漢方
 
更年期
もしかして更年期?
 
生活習慣
メタボリック症候群
突然死
高血圧対策
 
よろずコラム
花粉症と衛気
花粉症★対策室
不安と不眠
ダイエット
熱中症を予防!
あなたの風邪は何色?
顔面神経痛
坐骨神経痛
乾燥の秋
しもやけ
梅雨期の過ごし方
夏冷え解消法!
喘息を治そう
ストレスと胃腸
耳鳴りめまい
認知症




夏本番!!

夏バッチリ子さんになろう!


スペシャルドリンクのつくりかた

手軽に準備できるスペシャルドリンクの作り方をご紹介いたします。

【材料】
・粉末のスポーツドリンク
・麦味参顆粒
(ばくみさんかりゅう)


水1リットルに、粉末のスポーツドリンク1袋(1L用)と麦味参顆粒5袋を混ぜあわせ、よくシェイクして溶かしたら出来上がりです★



夏の脳梗塞にも注意!

夏は発汗によって潤いが失われ、血液濃度が濃くなる傾向があります。

血液がねばねばになり流れが悪くなると、血栓ができやすくなり、脳梗塞の危険性が高まります。

水分のみならず、塩分&ミネラル補給は夏の常識となっている昨今ですが、それでも夏の脳梗塞の発症率が低下しない現実があります。

水分・塩分・ミネラル補給も大事ですが、それだけでは不十分ということです。

まず、余分な熱を排出してくれるスイカや冬瓜、トマト、きゅうり、なす(※夏野菜は体を冷やすので冷え性の方は避ける)、血液をサラサラにする玉ねぎ、ラッキョウ、納豆、あじ、いわし、といった食材を活用すること、そして食事で補いきれない部分は漢方薬が強い味方になってくれます。

田中薬局では、あなたの体質にあった食事アドバイスもしております。

お気軽にご来店ください★

冠元顆粒かんげんかりゅう
イスクラ冠元顆粒
かんげんかりゅう
[第2類医薬品]
熱中症を予防!


熱中症を予防して楽しい夏を!

熱中症とは・・・


暑さ本番の8月、楽しい夏休み期間中に熱中症になる方も多くいらっしゃいます。
熱中症は、高温多湿の外気による高温障害のことで、熱疲労・熱けいれん・熱失神・熱射病などのことをいい、時に命にかかわる重大な発症でもあるので十分な注意が必要です。

  熱失神 熱けいれん 熱疲労 熱射病
意識 なし あり あり 緊急事態
体温 正常 正常 ~39℃ 40℃以上
皮膚 正常 正常 冷たい 高温
発汗 あり あり あり なし
その他の
症状
不整脈。突然の意識消失。 けいれん。硬直。 体温は高いのに皮膚は冷たいという現象。 高度の意識障害。皮膚が乾燥する。
原因 長時間の直射日光、高温の室内にて、発汗による脱水と末端血管の拡張によって、体全体の血液の循環量が減少した結果発症。 大量の発汗後、水分のみの補給で塩分やミネラル不足により発症する。 多量の発汗に水分・塩分・ミネラル補給が追いつかず脱水症状になり発症する。 視床下部の温熱中枢まで障害され、体温調節機能が失われることにより発症する。
重症度 Ⅰ度 Ⅰ度 Ⅱ度 Ⅲ度
対応方法 輸液(ゆえき:水分、電解質などの点滴)、冷却。 経口補水塩(けいこうほすいえん:水1L/食塩3g/ブドウ糖40g)の投与。 輸液(ゆえき:水分、電解質などの点滴)、冷却。 緊急入院にて冷却。
応急対応 胃痙攣をおこすことがあるので冷たすぎるものは避け、経口補水液またはスポーツドリンクを飲ませる。

但し、スポーツドリンクはナトリウム濃度が低いため、特に乳幼児には味噌汁や経口補水液がよい。

体を冷やす方法としては、涼しい場所で休ませ、霧吹きで水を全身にかけ気化熱によって冷ます方法、冷たい缶ジュースや氷などをわきの下や股下など動脈があるところを集中的に冷やす方法、うちわであおぐなどの方法がある。

汗をかいていなくても、熱がなくても、上記のように熱中症にかかっている可能性がある。躊躇せず、救急車を呼ぶことが肝要である。
PageTOP page_top

熱中症の予防と対策に、おすすめの漢方!

夏におすすめの漢方薬、麦味参顆粒ばくみさんかりゅうと西洋人参茶せいようにんじんちゃ
 汗をかくと水分といっしょに気も流れ出てしまいます 

中医学では、水分・塩分・ミネラルという言い方ではなく、これら体に必要な水分を津液(しんえき)といいます。

津液(しんえき)が不足すると、体内の水分が足りない状態ですから、当然、体内のすべての仕事がうまく循環しません。

また、汗は水分とともに生命エネルギーである(き)も消耗してしまいます。(き)が不足すると「だるい」「すぐ疲れる」「不眠」「食欲不振」といった症状が表れます。よって発汗によって失われた水分と(き)を同時に補う必要があるのです。

潤いを補い、気も同時に補ってくれるのが麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)という漢方薬です。一部のスポーツ選手は練習中に、スポーツドリンクに麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)を溶かしたスペシャルドリンクを愛飲して、熱中症の予防に役立てているとか。

そして水分不足で濃くなった血液の流れを改善する活血化お(かっけつけお)薬、冠元顆粒(かんげんかりゅう)の存在も忘れてはいけませんね。
 

ご相談・ご来店お待ちしております! 田中薬局では

漢方薬の試飲もできるほか
あなたの症状や状態にあった
サンプルを差し上げています。


自分の生活スタイルには
どの漢方薬が必要なの?


子どもの急な体調変化に対応できる常備薬orサプリはある?

という方も

ご来店・ご相談お待ちしております。
 
 
PageTOP page_top
 
store 店舗案内へ