埼玉県さいたま市の漢方薬局★田中薬局のホームページへようこそ(^▽^)/地域密着型の中医薬(中医学)が得意です!
田中薬局へようこそ!

    HOME    »»    よろずコラム    »»    不安と不眠
喜びの声
お客様の声  1
お客様の声  2
お客様の声  3
お客様の声  4
お客様の声  5
お客様の声  6
 
赤ちゃんが欲しい
生理は大切
生理痛のないライフ
冷えは大敵!
周期法とは?
男性不妊
不妊とストレス
 
皮膚の悩み
美肌漢方
内から美肌スキンケア
外から美肌スキンケア
アトピー性皮膚炎
大人ニキビ
冬の美活漢方
 
更年期
もしかして更年期?
 
生活習慣
メタボリック症候群
突然死
高血圧対策
 
よろずコラム
花粉症と衛気
花粉症★対策室
不安と不眠
ダイエット
熱中症を予防!
あなたの風邪は何色?
顔面神経痛
坐骨神経痛
乾燥の秋
しもやけ
梅雨期の過ごし方
夏冷え解消法!
喘息を治そう
ストレスと胃腸
耳鳴りめまい
認知症




東日本大震災
2011年3月11日、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生しました。

度重なる余震や放射能汚染に対する恐怖や不安を抱えていらっしゃる方に是非読んで頂きたいと思い、記事にしてみました。

「地震ではないのに、体が揺れている感じがする」

「不安で眠れない、眠りが浅くなった」

こうした感覚とともに耳鳴り・めまい・動悸・頭痛といった症状が表れてきます。

でも大丈夫です!
中医学の知恵を借りれば、ちょっとの工夫で乗り越えられます。

ひとりで悩まず、無理をせず、是非このページを参考にしてみてください。


  • 春の山菜野菜を食べること
  • 夜23時までに床につく
  • 脳を使ったら体も使う
  • 刺激物は飲食しないこと
  • 寝る前のテレビや読書は×
  • 足元を温めること
  • ハーブティーでリラックス


対応する薬とサプリ
冠元顆粒かんげんかりゅう
イスクラ冠元顆粒
かんげんかりゅう
[第2類医薬品]

イスクラ天王補心丹
イスクラ天王補心丹
てんのうほしんたん
[第2類医薬品]
 
温胆湯うんたんとう
イスクラ温胆湯エキス顆粒
うんたんとうえきすかりゅう
[第2類医薬品]
 
イスクラ酸棗仁湯顆粒
イスクラ酸棗仁湯顆粒
さんそうにんとうかりゅう
[第2類医薬品]
 
杞菊地黄丸こぎくじおうがん
イスクラ杞菊地黄丸
こぎくじおうがん
[第2類医薬品]
 
シベリア人参茶
シベリア人参茶
しべりあにんじんちゃ
[健康食品]




急性のストレスの場合、漢方薬にも即効性が期待できます。

ひとりひとりの状態や症状、環境によっても違うため、漢方薬を選ぶ時は専門のスタッフにご相談のうえ、上手に活用してください♪
不安で眠れない・・・
不眠 「最近、眠れないんです」

「なんだか常に体が揺れている感じがするんです、ちょっと気持ち悪くて・・・」

田中薬局では最近
こんなご相談が増えています。

春は万物が生まれ変わる時期で、人間は冬に蓄えられた陽気が体表に向かい、不安定な状態となります。

ホルモンバランスの乱れ、生活環境の変化、更に今年は震災から始まって、余震のみならず、計画停電もしくは電力不足への懸念、原発事故による放射能汚染、物資の不足、経済不安、雇用不安、不安材料は山ほどあります。

不安感をそのままにしておくと、不眠・耳鳴り・めまい・動悸といった症状へつながることもあります。

「何もやる気がでない」「眠れない」・・・

これらは「活動するための神経」と「リラックスするための神経」のバランスの崩れ  →  「自律神経の乱れ」が原因なのです。自律神経が正常に働いていくためには血液がサラサラに流れていて、滞りなく全身を循環し、栄養と酸素を体の隅々まで送らなくてはなりません。

是非このページを参考にして、不安感を溜め込まないよう、ぐっすりと眠れるようにしていきましょう。

セルフケア食生活 食べものにはそれぞれの作用があり、食べることは薬を飲むことと同じ位大切です。

それぞれの症状にあった食べものを上手に取り入れましょう。また控えるべきものは控えて、体調を整えましょう。
   不安・心配・のぼせ・めまいにオススメの食べもの
鶏のハツ・まぐろ・ひらめ・こんぶ・レタス・アスパラガス・セロリ・トマト・苦瓜・ピーマン・桃・イチゴ・はすの実・竜眼肉・ローズヒップ・ジャスミン、など
   イライラ・ストレス・躁鬱にオススメの食べもの
牛肉・鶏レバー・アサリ・キャベツ・セロリ・春菊・ちんげんさい・玉ねぎ・紫蘇・ぶどう・金柑・干し椎茸・酢・カモミール・ミント、など
   控えるもの
紅茶・緑茶・コーヒー・コーラなどカフェインの多いもの、清涼飲料水、刺激の強いもの、食品添加物、化学調味料、砂糖、動物性脂肪、など

また、食事は腹八分目が良いです。規則正しく決まった時間に食事を摂りましょう。

セルフケアつぼを押してみる おすすめのつぼは【内関】【失眠】という2つのつぼです。

いずれも左右両方(右腕・左腕、右足裏・左足裏)にありますが、ぐっと押した時に痛みの感じる方を重点的に行うと良いです。

気持ちがいいと感じるくらいの強さで、気分が悪くなる場合は控えましょう。
内関ないかん
失眠しつみん

セルフケア寝るまえの習慣 眠る前の習慣を、ちょっとだけ工夫するだけで改善するケースも多くあります。

あなたの生活習慣に是非取り入れてみてください。
 
  まず夕食ですが、就寝3時間前までに済ませておきましょう。
  胃が活動中には寝付きにくく、胃の消化活動に血が集中するため、眠りは浅くなります。

  毎日23時までには就寝しましょう。眠れなくてもベッドに入る習慣をつけましょう。
  足元を温めるのは効果的です。半身浴や足浴で温まったら、すぐにお布団に入りましょう。

  寝る前に脳を活性化させる本やテレビは厳禁です。
  リラックスできる落ち着いた音楽を聴く、ホットミルクや温かいハーブティーなどで
  体を温め、心を休めましょう。

  日中は体を動かすようにしましょう。
  頭脳プレーのお仕事の方は特に脳と体のバランスが崩れやすく不眠になる方が多いです。
  会社帰りにジムやプールへ通う、帰宅時に一駅分歩く、帰宅後にストレッチをする、など、
  脳が働いた分、毎日体も動かしてみましょう。

  リラックスにも就寝前のストレッチはオススメです。
  ゆっくり深呼吸をしながら体を伸ばして気血の流れをスムーズに。むくみ解消にも!
 

セルフケア漢方薬とサプリメント その方の症状や状態によって使う漢方薬が違ってきます。

漢方薬は医薬品です。服用の際には専門スタッフに必ずご相談ください。
         ■代表的な漢方薬

        田中薬局では
        漢方薬の試飲もできるほか
        あなたの症状や状態にあった
        サンプルを差し上げています。


        ご来店・ご相談お待ちしております。
冠元顆粒(かんげんかりゅう)
天王補心丹(てんのうほしんたん)
酸棗仁湯顆粒(さんそうにんとうかりゅう)
温胆湯エキス顆粒(うんたんとう)
帰脾湯(きひとう)
柴胡加竜骨牡蛎湯
   (さいこかりゅうこつぼれいとう)
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
抑肝散(よくかんさん)
杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
シベリア人参茶
 
 
PageTOP page_top
 
store 店舗案内へ