埼玉県さいたま市の漢方薬局★田中薬局のホームページへようこそ(^▽^)/地域密着型の中医薬(中医学)が得意です!
田中薬局へようこそ!

    HOME    »»    よろずコラム    »»    花粉症★対策室
喜びの声
お客様の声  1
お客様の声  2
お客様の声  3
お客様の声  4
お客様の声  5
お客様の声  6
 
赤ちゃんが欲しい
生理は大切
生理痛のないライフ
冷えは大敵!
周期法とは?
男性不妊
不妊とストレス
 
皮膚の悩み
美肌漢方
内から美肌スキンケア
外から美肌スキンケア
アトピー性皮膚炎
大人ニキビ
冬の美活漢方
 
更年期
もしかして更年期?
 
生活習慣
メタボリック症候群
突然死
高血圧対策
 
よろずコラム
花粉症と衛気
花粉症★対策室
不安と不眠
ダイエット
熱中症を予防!
あなたの風邪は何色?
顔面神経痛
坐骨神経痛
乾燥の秋
しもやけ
梅雨期の過ごし方
夏冷え解消法!
喘息を治そう
ストレスと胃腸
耳鳴りめまい
認知症




花粉症の養生法
花粉の分子は大きいため、ガーゼのマスクでもOKです。息がしやすく密着性のあるものが良いでしょう。

また、衣類の素材に気をつけましょう。綿を100とした場合、絹は150、化繊は180、ウールはナント980というデータ(4時間外出時の付着花粉率)があります。

一般的な注意事項としては下記をご参考ください。

  • 十分な睡眠をとること
  • 夜0時までに就寝する
  • 上手にストレス解消する
  • お酒とタバコは控える
  • 風邪を引かないようにする


対応する薬とサプリ

タウロミンたうろみん
タウロミン
【福井製薬(株)】
[第2類医薬品]

イーパオと心沙棘
イーパオ・心沙棘
益宝・しんさーじ
[健康食品]
 
五行草茶と晶三仙
五行草茶・晶三仙
ごぎょうそうちゃ・しょうさんせん
[健康食品]
 
双料参茸丸そうりょうさんじょうがん
イスクラ双料参茸丸
そうりょうさんじょうがん
[第2類医薬品]




漢方薬にも、長く服用して根本的に解決するものと、その時の症状に応じた即効性のあるものとあります。

花粉症対策には漢方薬の他に点眼薬やサプリメントをおすすめする場合もあります。

花粉症の症状は刻変化しますので、大事なのはその方の体質や症状に合っているかどうか、です。

その方の体質や症状や状況にあわせて、ビタミンCとフラボノイドをたっぷり含んだ心沙棘(しんさーじ)や、アミノ酸・たんぱく質をバランスよく含んだイーパオ(益宝)、お肌には五行草(ごぎょうそう)、胃腸が弱い方には晶三仙(しょうさんせん)、虚弱体質な方には双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)などなど。

キチンと対応し、キッチリさよなら、花粉症にならない自分を目指しましょう!


コチラも読んでね
花粉症★対策室
花粉症
さて、花粉症をお持ちの方は症状が出る1ヶ月前からの対策が有効といわれています。

もし対策が間に合わなかったり、去年までは症状がなかったのに、という方でもあきらめずに!また、今の薬ではだるくなったり眠くなって困る!という方は是非田中薬局へご相談ください。
(★眠くならないお薬もあります★)

花粉症対策に絶対はずせないのが、補気薬である黄耆(おうぎ)をメインに、脾の働きを助ける白朮(びゃくじゅつ)と、風邪(ふうじゃ)の侵入を阻止する防風(ぼうふう)のトリプル黄金コンビ、
衛益顆粒
(えいえきかりゅう)
です☆ (玉屏風散ぎょくへいふうさんという処方です)

中医学ではその方の症状と体質にあわせて風熱タイプ風寒タイプに分けて考えますが、実際の服用の際には専門スタッフにご相談ください。

一時的な症状の抑制プラス体質の改善を!

風熱タイプ 風寒タイプ
    鼻水が粘っこく、よく鼻がつまる
    のどが痛い、痒い、イガイガする
    皮ふ表面や内側に痒みを感じる
    目が充血している
    のどが渇きやすい
    無色透明の鼻水で量が多い
    寒気、悪寒がする
    のどの痛み、目の充血はない
    くしゃみが多い
    冷え症で元気がない

花粉症対策には?

花粉症対策には?
黄色くねばねばした鼻水や痰、鼻づまりもひどい風熱タイプは、体の余分な熱と炎症をとり、かゆみを抑える対策を! 鼻淵丸(びえんがん)天津感冒片(てんしんかんぼうへん)がオススメ!

目の充血・かゆみには香菊花(しゃんきくか)目薬をプラスオン!
涙がでてもサラサラした涙、目やにも少なく、粘り気のない無色透明の鼻水や痰の風寒タイプは、体を温め、体内の異常な水分を取り除く必要があります。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)で乗り切りましょう!

風熱タイプには鼻淵丸と天津感冒片と香菊花 風寒タイプに小青竜湯


同じ環境なのに、アレルギーになる人とならない人がいます。花粉症もなる人とならない人がいます。

この違いを中医学では衛気(えき)】の違いととらえます。今ある症状を緩和させるのはとても大切な事ですが、それだけではなくそもそも花粉症になる人をならないようにしていく事が本来の目的だといえます。

衛気(えき)を高める=花粉症体質だけでなく、風邪やインフルエンザ、その他のアレルギー体質も改善することになります。

是非一度、当店の専門スタッフまでお気軽にご相談ください。
       
     
PageTOP page_top
     
store 店舗案内へ
store 花粉症と衛気へ